いざは今日を生きている

人と接することが苦手な元ニートが、社会に羽ばたいていく中で感じることを雑記します。色々な目線を大切に。

タイトルを入力して下さい。

元からこのブログは活発ではないが、"文字を綴るだけ"には飽きていた。

 

そもそも、読み書きをあまりして来なかった人間である自分には、書くだけというのがつまらないのは当然だった。

 

だから、次回予告的発言をしても僕がそれを守ることはなかった。

 

ワクワクしなかった。

 

 

けれど最近、そういう掃き溜めみたいな場所こそ価値があると感じた。

 

だから、久しぶりに内容の無い話をつらつらと書こうと思う。

 

できるだけ、掃き溜めの価値にも触れたいが、冗長になると思う。

 

うまく着地出来るかもわからない。

 

それでも、忘れないうちにごちゃごちゃと。

 

 

 

 

このところ、社会で起こる様々な『よくないこと』や、今置かれている自分の状況(バイトに近いことを週四回しているだけ)に疲れてしまっていた。

不安と焦りによる疲労

 

仕事を一月以上休み、病院にも通い始めた。

 

検査の結果はまだ一ヶ月は先のようだ。

 

その間、辛いので家にずっといたかと言えば、決してそうではない。

 

 

 

 

僕にはやりたいこと、そしてやりたくないことがはっきりとある。

具体的ではないが。

 

 

人との関わりを避けてきた僕には、やはり人間関係というのは大変なものだと、働き出したこの十ヶ月(内一月以上は休んでいるが)で感じた。

 

ここでの大変とは、難しいというよりは疲れるが正しい。

 

特に頭の回らない午前中は、誰にも触れられたくない。

 

それは返しが出来ないので、話しかけられるのが辛いから。

 

人とのやりとりとは、気を使うことが多過ぎて本当にエネルギーが必要だ…。

 

そんな僕にとって、午前の作業をほぼ一人きりでできる今の職場は大きな救いだった。

 

だった。

 

 

僕が休む一週間程前、上司から業務場所の変更と週五勤務の相談があった。

 

仕事に慣れてきただろうから、近々場所を変えて頑張ってほしい、とのことだった。

 

履歴書に『慣れてきたら週五日で働きたい』と書いたのは自分だし、職場に認められた瞬間であるこの状況は普通喜ぶところだと思う。

 

人に認められた。

給料だって増えるのだ。

 

しかし、これを喜ぶ僕はそこにはいなかった。

 

てっきり僕はずっと、『自分は人に認められたい人間なのだ』とばかり思っていたが、どうやらそれは違ったらしい。

 

僕は、"生きていけるようになりたい"のだ。

 

そして、その"生きていけるようになる"に、『人に認められること』と『給料が増えること』は含まれないということになる。

 

 

ここでやっとやりたいことが出てくる。

 

僕は、休んだりサボったり怠けたりせず、普通に仕事が出来るようになれれば、それでいい。(僕の休みやサボりや怠けとは、頻度と質を踏まえると、決して誰にでもある普通の仕方ないことの範疇ではない。)

 

そして、今それを出来そうな環境かと問われて「yes」がすぐに出てこないのだ。

 

もっとわかりやすく言えば、心穏やかに生きていたいが、今はそれが出来ていないのだ。

 

それが出来ないのは、とても息がつまり、生きる意味さえも不透明にさせる。

 

生きる為に働くは、僕には仕方なく生きているへと変換される。

 

働く為に生きるは、仕事に満足しているごく僅かな人か、心まで奴隷になってしまった社畜の言葉だ。

 

つまらないには耐えられない。

 

向上心無いままに生きるのは虚しいだけだ。

 

だけど現実。

僕の体はなかなかいうことを聞かない。

 

だれる。

サボる。

 

休みの日に自分で決めた、自分がやりたいはずのこともロクに手がつかない。

 

僕はわがままなだけなのだろうか。

 

 

やる気のある僕は生きたいと言う。

 

向上心を持って。

色んなことに関心を持って。

 

出来るなら週五で働きたいし、もっと色んな体験をしたいから上司の相談も断らない。

 

やってみよう!と快諾。

 

 

やる気のない僕は逃げたいと言う。

 

体力がついていかない。

心が疲弊してしまう。

 

自分の実力以上の受け合い、過信を卑下し、グジグジウダウダ。

 

 

 

 

結局、自分が何かわからなくなるけど、同時にどうしようもなく人間なんだっていつも思う。

 

動いて、疲れて、傷ついて、立ち止まって、悩んで。

 

で、また動ければそれでいい。

焦るなよ、負けるなよって。

だって、まだ未完なんだから。

 

 

人である以上、嫌なこととか、いらないものとか吐き出さなきゃいけない。

捨てなきゃいけない。

やってけない。

 

 

僕は、ここに糞するみたいに糞みたいな文を書いて心を落ち着かせる。

 

そうやって掃き溜めを作るのは、決して悪いことじゃない。

 

誰かが見てくれた時に、後で自分で見返した時に、その土地(心)の肥やしにでもなれば、それでいいのかなと。

 

 

糞には糞の価値がある。

 

その糞を糧に、また動こうと思う。

 

やりたいことをしようと思う。

 

 

 

今朝、靴裏に糞がついていて不快になったんだけど、僕のこの糞を読んで同じように不快になったら、謝りたい。

 

紙で拭き取れるかはわからないけど、忘れるなり人にぶちまけるなり、なんでもして快便になってくれ。

 

 

じゃあまた。